あたたかいパンとシチュー

「重いとも。そしてその重さを楽しめ、雑種」

異端なるセイレムをクリアしました

f:id:taira005:20220810085640j:image
f:id:taira005:20220810085644j:image
f:id:taira005:20220810085655j:image
f:id:taira005:20220810085649j:image
わたし、2部本編を爆走してしまったせいで、1.5部をすっ飛ばしているのです。
王様とえるの幕間を開けるために新宿はクリアしていたのですが、他のは手付かずで…。
アガルタ、下総、セイレム。どの順で読んでも大丈夫と聞いたので、雰囲気が気になるセイレムから行くことにしました。


…って。

るるちがおるや〜〜ん!
(ゲストで)王様もおるや〜〜ん!!
(人類の脅威特攻で)えるも活躍するや〜〜ん!!!

わが推したちがのびのびしてくれて楽しかったです。


このお話はやっぱりクトゥルフ関係なんですかね? わたしは詳しくないのですが、ラヴィニアちゃんがヨグ・ソトースの名を唱え始めたところで流石に気づきました。「TRPGぽい」みたいな感想もちらと見ましたが、個人的にはミステリ系ノベルゲーっぽい雰囲気だなと思いました。むかしその手のゲームを結構遊んだからかなー…なんか懐かしさを感じたりもしましたね。

ところで。
セイレムって1.5部という建て付けではありますが、「虚空から(外界から)」神を呼び寄せて、その神に人類をどうこうさせようという考え方は、2部の異星の神/空想樹にも通じる構造ですよねえ。これが伏線なのか、単発設定なのか、はたまたTYPE-MOONの十八番なのか…は分からないですが、物語スケールの膨らみは、1.5部から既に始まってたんだな〜ということを今更感じました。ホント今更ですが!(1.5部をやらないで2部に進むと、「突然スケールでかない!?」と思うのです)

残りはアガルタと下総国。どっちからやろかな〜。